英会話についてのWebサイト「英会話を上達させる」

英会話を上達させるとこんな点がある

あなたは英語が話せたら良いなと思ったことはありませんか?海外旅行に行ったときに、あたかも自分の言語のようにして話している人を見ると、かっこ良いなと思う人もいるのではないでしょうか。
ただ、私たち日本人は中学生、もしくは小学生が英語を習っているにも関わらず、どうしてこんなに話すことが出来ないのでしょうか。お隣の国の韓国や中国は、教育方法が違うためもあってか、ペラペラと話すことができる人は多いと思います。それでは、どうやったら英会話を上達させることができるのでしょうか。

まず、日本人は文法から習うクセがありますよね。本を読んだり文法を勉強したりなどがあると思うのですが、実はそれではもちろん英語を理解することはできても、実際に話すとなると少し難しい場合が多いのです。
これが、文法勉強のメリットでもありデメリットでもあります。理解はできても話すのには苦労するということですよね。そこで、実際に英語の上達に関して、耳から音を聞くという勉強法があります。それは一体どんな方法なのでしょうか。

耳から英語を学ぶ

耳から英語を学ぶことによって、耳が慣れてきます。そのため、英語の会話でとても必要なリスニングの力がつくようになるのです。そのことから、耳で会話を覚えることが可能になりますので、今後実際にあなたが会話をしようと思った時にでも、耳が覚えているので、簡単に会話に慣れることが可能になるのです。
まさに、私たちが幼いころ、自然と耳から入ってきた日本語を学び、話せるようなったのと全く同じ原理なのです。日本語を覚えるのにも話すにも、特に苦労はなかったと思います。それと同じで、実際に難しい表現であったとしても、耳から慣れると簡単に聞くことが可能になるのです。

ただ、これでもデメリットはあります。耳から聞くので、今後は書くのが大変になります。英語のスペルは、耳から聞いた音のままスペリングすれば良いというものではありませんよね。
そのため、いざ書いてみとうと思っても、書けない場合が多々あります。ただ、こんなときのためにも、耳から学ぶ方法と、日本の勉強方法の両方を同時にすることで、両方が上手く上達するのではないでしょうか。