英会話は「英会話を上達させる」の文法を学ぶ

文法を重点的に学ぶこと

今では外国人と会話すく機会も多くなってきている世の中です。私たちは、日本に生まれ日本語で話すことが当たり前になってきていますが、現在では「国際交流」「国際文化」「国際社会」といった大きな組織になりゆく時代になっています。
英語で会話をするには「文法」が必要と言いますが、本当に必要でしょうか。ここでは「文法」か「コミュニケ―ション」どちらかを重点におけばよいのか考えてみましょう。文法で学ぶメリットとしては、大体が中学生から学ぶ基本的なことからでしょう。

メリットとしては「理論的に学べる」、「一定のルールがあるのでそれさえ把握すれば、簡単に応用がきく」、「文法を知っていることで、何がどうなっているのか、何が言いたいのかなど英文の理解できる」、「途端に文法用語が出てきても戸惑うこともなく問題に解ける」「一度身についた文法は記憶に残りやすい」、「リーディング、スピーディング、ライティングの応用に大変便利」、「自分なりの英語を伝えることが出来る」、「英語をどう合わせるかによって、表現の仕方や、伝達の方法も分かってくる」、「英語の会話も楽しくなる」、「テストには文法が欠かせないため、高得点を取るには文法が必要」など、文法を知っていればこわいものはありません。

デメリットを考える

しかし、メリットがあれば、デメリットもあります。「文法を知っているからといって、英語を話せるようにはならない」、「頭では理解できているけど実際には上手く話せない」、「単語を知らないと流著に話すことも出来ない」、「専門用語、文法用語が合わないところもある」、「文法は苦手意識を持つ人も多いので、辞める人もいる」、「文法は堅苦しいイメージがあり、教わっても全く興味がわかないので続かない」、「いくつものルールに沿って学んでいくので楽しくない」など欠点も多いようです。

英会話で大切なことは、文法やコミュニケーションも大事です。しかし、それよりも「自分が伝えたいこと、言いたいことを頑張って話そうとする気持ち、積極的な姿勢」が一番大切なことではないでしょうか。
英会話はそんな難しく考える必要はありません。まずは「国際」という環境に少しでも慣れること、そこから始めてみてはいかがでしょうか。